×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  わたしたちの想い

わたしたちの想い

わたしたちの想い

人にも土にも、海の魚や空の鳥、森の動物たちにも不安のない、気持ちのよい暮らし方とはどういうものなのか…と、今までの自分たちを振り返った時、「百姓を目指せば何かが見えてくるのではないか」との直観のおもむくままに、サラリーマン生活を捨て、体力も知力も下がる一方の人生半ばで、「百姓」という夢を追いかけることに。

食生活を通してわたしたち一人ひとりが心身ともに健康に暮らせますように…との願いを込めて、1998年11月「大きなかぶ農園」を始めました。

一人の力は小さくても「うんとこどっこいしょ!」と気の合う仲間が力を合わせれば、大きなかぶも「あっ」というまに引っこ抜け、豊作の時もそうでない時も、ともに笑って楽しく暮らす…そんな夢の想いを込めて、トルストイの世界の名作「おおきなかぶ」にあやかって農園名をつけました。
年をとっても楽しく畑仕事を続けていきたいという想いも込められています。

大きなかぶ農園の目的

「わたし」を含むすべての人の、心と身体の健康の実現

大きなかぶ農園の目標

  1. 微生物の棲む土作り
  2. 生命力溢れる野菜作り
  3. 心のある人作り

実現するために「素直な心で観る・聴く・発する」

大きなかぶは、わたしたち夫婦だけではとうてい実現できない多種多品目の野菜や果物を栽培管理してくれる、心ある農業者仲間と、無言で作物を育んでくれる土・水・太陽・空気・微生物の力を借りながら、吹雪の日も雨の日も風の日も、夏の猛暑の日も待っていてくれる人達の元に届けんと、ポンコツ車でぶひぶひと排ガスを撒き散らせながら(メンボクない)走ります。

大きなかぶは、生産者と台所をつなぐ直通パイプとしての役割上、生産者との信頼関係、食べてくれる人との信頼関係こそが命綱です。

大きなかぶを構成する生産者は、農業経験が少なくとも、数十年の経験者であろうとも、栽培技術が未熟であっても、名人と呼ばれる人であったとしても、食べる人の健康や笑顔を糧に、日々奮闘することを喜びとし、真に自らの農心を育ててゆく意思の持ち主であるかを最低で最大の取引条件にするところです。

またそれを食べる人にあっても同様に、大地の恵みに感謝し、家族の笑顔と健康を糧に台所に立つことを喜びとする人に届けられるものです。
(いずれも顔の美醜、声の良し悪し、料理の上手下手は問うものではありません)

世の中が混迷の極みになろうとも、互いの心の手をつないでいる限り笑い絶えず…

お問い合わせ

FAX.TEL 0123-88-1175

お急ぎの方はここちらへどうぞ
090-5222-9780 ながのさとし* 爺さん
比較的心の余裕あり AM7:00~9:00 PM6:00~8:00
作業中、運転中の時にはつながりませんが伝言残してください。かけなおします

お問い合わせフォームはこちら